ドライバー専門店へようこそ


『飛距離を伸ばした』『スライスをなくしたい』

『人気のドライバーが欲しい』などなど

中でも高反発ドライバーが好評ですが

ゴルファーの楽しみをもっと増やす、様々な種類のドライバーを

300商品以上の豊富な品揃え!!

第1打でナイスショットが打てるクラブを、性能、ブランド、スペックな

どで色々な角度からわかりやすくご紹介します。

TOPページ » ドライバー スイング理論
スイング理論ドライバーおすすめ

スイング理論こちらです

グリップはクラブが抜けるくらい軽く握る

余計な力を抜き、クラブと体をつないでいる部分だという気持ちだけで軽く握ってもらいたい。
極端に言えばスイング中にクラブを抜かれるくらいの握り方でいいと思います。

目の前で軽くグリップし、小刻みに握りをゆるめてクラブがゆっくり落ちていく、
その時の握った感覚で充分です。この感覚でクラブを握ってスイングすれば、
45インチもある長いクラブには大きな遠心力が働き、ボールには大きなインパクトを与えてくれます。

腕も力も入れず、自然な状態でアドレス

もうひとつは腕の脱力。
しっかりとしたスイングをしようと腕に力を入れ、
両肘を内側にがっちり締めつけたりする人がいるが、
これもクラブの自然な動きからすると逆効果でしかないです。

筋肉というのは力を入れて縮むと同時に柔軟性もなくなってしまいます。
腕に力が加わっているから、テイクバックも腕から始めようとするし、
ダウンスイングでも腕にグッと力が入って始動するので、
スイング軌道、ヘッド軌道が狂ってしまいます。

アドレスの際、スイングの軸となる背骨のタテの線には緊張感が必要ですが、
肩から先の腕と手にはできる限り力を入れないようにしたいものです。

ちなみにグリップした状態で反対の手で腕や手の入り具合をチェックするのもいいと思います。
余計な力が入らず、筋肉が伸びた状態でクラブを振れるようになれば、クラブの性能が生きてきます。

大型ヘッドは勝手に回るように作られている

実際のスイングのチェックポイントはやはり動きに余計なものが無いかです。
テイクバックで「ゆっくりと」という方もおられますが、
このゆっくりもすでに力が入っています。
右利きの人なら体をすーっと右に回せばいいです。
これについて腕も動くだろうから、自然にトップが出来上がります。

ダウンスイングでは反対に体を左に回し戻してやります。
今度もこれにつれて腕が動こうとするので、すーっと腕を下ろせば、
やや遅れてヘッドが動き出しインパクトします。
そのまま力を入れずに振り抜けばフォロースルーになります。

回転軸を保ちながら余分な力を入れずに体を回す

これら一連の動きの中で気をつけてもらいたい点があります。
それは「回転軸」です。
スイングが円運動である以上、そこには回転軸がなくてはなりません。
これが動いてしまっては回転運動ではなくなってしまいます。
軸を保ったまま体が回転すれば、パンツの右ポケットが正面に来た時にインパクトを迎えることになります。

もしインパクトの時に体がまだ正面を向いていたら、
それは体が回っていないか、ダウンスイングで手に力が入り、
手から振っているかのどちらか、もしくは両方だと言えます。

また体重移動のことばかりが頭にあり、体を余計に移動させる人もいますが、
この場合必要な「軸」が消え、回転運動でもなくなってしまいます。

スイング中にクラブヘッドがどこにあって、
フェイスがどこを向いているかがわかると、
スイングの安定性は数段アップするはずです。

検索







ゴルフ用品サイト

gss
電話注文・お問い合わせはこちらから
ドライバー専門店 スカイプ 0120-562-392
Copyright(c) 2012 ゴルフドライバー専門店|人気商品がお買い得価格に! All Rights Reserved.