ドライバー専門店へようこそ


『飛距離を伸ばした』『スライスをなくしたい』

『人気のドライバーが欲しい』などなど

中でも高反発ドライバーが好評ですが

ゴルファーの楽しみをもっと増やす、様々な種類のドライバーを

300商品以上の豊富な品揃え!!

第1打でナイスショットが打てるクラブを、性能、ブランド、スペックな

どで色々な角度からわかりやすくご紹介します。

TOPページ » ドライバー 飛距離アップのポイント

ドライバー 飛距離アップのポイント

シャフトが「しなり戻る」前にインパクトを迎えよう

ボールを飛ばすための大きなポイントとしては、シャフトのしなりを最大限に利用するということです。
野球のピッチャーが腕をしならせて、そのしなりが戻った所でボールをリリースしているように、
ゴルフでもシャフトがしなり戻った所が最高速度となります。
その瞬間にインパクトを迎えることができれば、最大の飛距離を得られるようになるのです。
そのためには自分のしなりを作ることができるシャフトを選ぶことも重要です。
ただ、しなり方には個人差があるので、自分のフィーリングに合ったものを選びましょう。
スイングはテイクバックから切り返し時はレベルに、インパクトからフォロースルーにかけては
アッパーに打っていけば、高弾道の強い球が出ていきます。

シャフトがしなり戻った時にボールをとらえるようにするためには、
インパクトからフォロースルーにかけて左サイドに「壁」を作ることが必要です。
もし壁を作らずに膝が飛球線方向へ出ていってしまうと、
おのずと手が前に出た状態でヒットするので、シャフトがしなり戻った状態にはなりません。
シャフトがしなり戻るということはクラブの支点がきっちりしているからで、
支点がずれてしまったら戻らないということです。

またシャフトをしなり戻そうと意識して、
リリースしすぎてしまうのもNGです。
あくまで軸を中心とした回転運動と考えてください。

壁を作る感覚としては、左足の外側には体重をかけず、
内腿に体重をけkていくこと。そうすれば左膝と手が連動していくのです。

ドローボールでランを増やしていこう

「飛距離」とはキャリーとランを合わせたものです。
ドローボールは、フェードボールと比べるとランを増やすことが可能となり、
より飛距離が伸びることになります。
ドローボールを打つためには、インサイドアウト軌道を描くことが必要となります。
技術的なポイントとしては、スイングの軸を右足方向へ倒すことが重要です。
ボールに対してスクエアに構えた場合はインサイドイン軌道ですが、
右足方向へ傾けるとインサイドアウト軌道を描くようになります。

飛ばすためにはフェイスの上部に当てる!

インパクトからフォロースルーにかけてアッパースイングすると、
クラブのフェイス上部にボールが当たり、高打ち出し低スピンボールが出ていくことになります。
ですからセットアップする時のティーの高さというのが非常に重要になってきます。
高打ち出しはキャリーが増え、低スピンは風に強くランが増えるので、
おのずと最大の飛距離を生むことになります。
しかしティーが高すぎればドロップボールやテンプラになってしまう可能性があり、
逆にティーが低すぎると低打ち出しで高スピンになってしまうので、
ボールが吹け上がってしまいます。
セットアップする時はフェイスをしっかりとボールにあてがい、
上部にしっかりとボールが当たるようなポジションを確かめましょう。

検索

ゴルフ用品サイト

gss
電話注文・お問い合わせはこちらから
スカイプ 0120-562-392
Copyright(c) 2012 ゴルフドライバー専門店|人気商品がお買い得価格に! All Rights Reserved.